離婚調停の流れ

結婚して、しばらくすれば離婚したいと思う人たちが急増したと言われています。実際にすんなり別れることが出来ればいいですが、なかなか難しい問題を抱えていたりします。調停とは、話合いによって全然成立しない場合、更に虐待やDVを受けている人が避難をしており、実際に対面しての話し合いがなかなか出来ないと言うような時、裁判所を通して問題の解決を行うことを言います。

ここで、調停について全然判らないと言う人たちに簡単ですが、流れを説明しましょう。ちょっと調停という感じではなく、かなり敷居が高いイメージもあるのではないでしょうか。話しがまとまらないと言うことであれば、問題は、財産分与の金額、慰謝料の有無、親権、いろいろ複雑な問題を抱えています。そもそも裁判所に一度も行ったことがないという人たちはその言葉に既にびびってしまうかもしれません。 まず調停においてやるべきことは以下のことです。

調停の申し立てに必要な書類を用意しましょう。まずは夫婦関係調整調停申立書があり、申立人の印鑑、申立人の戸籍謄本、相手方の戸籍謄本、更に年金分割について調停を含む場合には年金分割のため情報通知書と言うものが必要です。

調停も裁判も同じ裁判所の手続によるものなので、両者は時々同じように思われていますが、調停を起こす場合、法定の事由は不要とされています。裁判という場合には、法律が定める明確な事由が必要です。不貞行為があったなどがそれです。更に続きをお話しします。

loading
×