第1回目の調停終了

第一回目の調停についての流れはまだ続きます。もちろん裁判所へは遅刻しないように行くようにしてください。

裁判所に到着して、待合室で待機をします。実際に裁判所には、二人同時に呼び出しをもらうことになりますが、待合室は別々なので安心してください。相手と家庭裁判所に到着する時間をずらす配慮程度は自身で必要かもしれません。帰りのタイミングもです。

待合室で待っていると、調停室に呼び出されることになりますが、最初に呼ばれるのは、申立人からです。中には、裁判官1名、調停委員2名がいます。調停というものがどのようなものか、ある程度流れなどもここで説明を受けることが出来ます。ここでは、離婚調停を申し立てした経緯などを、調停委員と話しを30分程度進めて行くことになります。

次に相手方が呼び出されることになります。相手方も同様に最初にあらかじめ流れなど説明を受けます。調停委員の人たちが相手方の主張もしっかり聞き、更に申立人の主張も相手方に伝えてくれます。再度申立人が調停室に呼ばれることになり、調停員によって相手の主張を伝えられて、それで第1回目の調停期日は終わりです。調停委員が質問しますので、申立人は回答をしてください。

loading
×